初めての方へ





              ⇒最新情報 




リフレックスは、「今、身体に求められているケア」を、インナーからアウターからのメンテナンス・トリートメントを考えます。

・上(頭)から下(足)

・内(骨格)から外(皮膚)

・インナーからアウターまで、根本からアプローチする。

陰と陽、そしてシナジー効果(相乗効果)を求めるから、

「トータルケア&サポート」


Body


   肩こり・腰痛など↓

整体・カイロプラクティック

   妊婦さんの整体↓

マタニティ整体/カイロ

   産後のケア・パフォーマンス向上↓

骨盤トリートメント整体

     (骨盤矯正・調整)

  足のむくみ・疲労など↓

台湾式足裏リフレクソロジー

  時間がない方へ部分ほぐし↓
ほぐしリラクゼーション

  冷え・ダイエット効果など↓

デトックスドーム

   疲労回復・スポーツ後ケアなど↓

整筋・オイルトリートメント

高濃度水素吸入で内側から元気


水素吸入(吸引)インナーケア

(高濃度水素吸入マシン)

Beauty

頭の整体・顔のゆがみ・むくみなど↓

整顔・オステオパシー

 (小顔矯正・頭蓋骨調整)

 スタイル向上・膝痛防止など↓
整脚・レッグライン
 (美脚・O脚矯正)

お顔・頭皮・背中の毛穴汚れ・角質洗浄↓

美顔・水素トリートメント

  (フェイシャルマシン)

毒を抜く事がダイエットへの近道↓
デトックス ダイエット

 ファスティング

弱点を知ることから始まるダイエット↓


DNA/遺伝子検査/ダイエット


_______________

料金表



選りすぐり健康・美容アイテム!

身体に良いことプラス。

Select アイテム




     REFLEX LINK


  numA's link 



リフレックスのブログ


   


     お問い合せ
    ★施術内容や質問、その他

     予約フォーム
    当院へのネットご予約


マタニティ・安産整体(整体・カイロプラクティック  for maternity)

妊娠中のボディケアで安産を目指します。
安定期に入る5か月頃から出産の1ヶ月前まで施術できます。(安定期前でも辛い方はご相談にのります)



妊娠して、お腹が大きくなるにつれて、腹筋の筋力が衰え、腰を反るような形で重心のバランスを後ろに取ろうとします。そして、股関節は外に開き(ガニ股になり)、足のアーチ(土踏まず)はなくなり、かかと重心になります。
 また、
ホルモンバランスにも変化がおき、自律神経のバランスも崩しやすくなります。
 急激な身体の
重心の変化ホルモンバランスの変化により、妊婦さんは肩こり、頭痛、腰痛、背部痛、股関節痛、膝関節痛など様々な症状に苦しむ方が多くみられます。
不安感も強くなり、安産で出産できるのかな?と自信まで無くしてしまわないように、当院の施術は、とてもソフトで、
妊婦さん、そしてお腹の赤ちゃんに負担をかけずに施術していき、安産で出産できるように、未来のママさん、生まれ来るお子さんのために、お手伝いをさせていただきます。


ママさんへ

妊妊中骨盤が広がりはじめると、腰や背中、膝などに痛みが出ませんか?。

その時、骨盤や腰周辺はどのようになっているのか?


正常な骨盤の場合、脊柱(背骨)の重さを真ん中の仙骨が支え、さらにその横にある左右の寛骨が支えるような状態で背骨を支えます。この時、背骨の腰部分の骨と骨の間にある椎間板というクッションの役割を果たす所は圧迫されておらず、きちんと背骨の重さを緩和する役割を果たします。また骨と骨の間から伸びている神経にも圧迫はなく、神経伝達の不具合はありません。

妊娠中に腰に痛みが出た方の場合、真ん中の仙骨と左右の寛骨の間に隙間が生まれ、左右の寛骨の支えが無くなり背骨全体の重さを仙骨だけで支えるので、仙骨に大きな負担がかかります。

背骨の重さを仙骨だけで支えるようになったことで、腰部分に負担がかかります。これにより、骨と骨の間に圧力がかかり、椎間板はつぶされた様な状態になるので、クッションの役割を果たすことができません。そのため骨と骨の間が狭くなり、この部分から伸びている神経が圧迫され、体の不調をひきおこします。妊娠により骨盤が広がり骨盤や骨格が上記の様な状態になると、骨盤まわりや腰の筋肉だけで体を支えようとします。
それにより、筋肉に過度に負担がかかり硬直してしまいます。そして妊娠中は動きが少なくなり運動不足にもなり筋力が落ちるので、さらに筋肉は硬くなってしまいます。

このような状態になると関節への圧迫と筋肉の疲労が加わり腰に痛みが出る様になります。

妊娠中、骨盤が緩んで開いたことにより、腰痛や尿漏れ、早産や難産、産後太りなどに悩む女性が増えています。
骨盤が開いてしまうと女性生殖器が下がり、それらを連結している
靭帯や筋膜からの痛みが出たり、大きくなった子宮が膀胱を圧迫して尿漏れや残尿感を出してしまいます。

妊娠中はお腹が大きくなるにつれ骨盤の位置が変わり、肩こり、腰痛、坐骨神経痛などの症状が出やすいものです。

また、脚がつったり、むくみやだるさを感じるのは、大きくなったお腹が脚の付け根の血管を圧迫し血行が悪くなってしまうからなんです。

血液、リンパの流れが悪くなる事により代謝が悪くなり、太りやすい体になってしまいます。

妊娠時に脂肪が溜め込まれるのは自然な事ですが・・・

この理由はお腹の中の胎児に栄養を与えるためと出産後の母乳の原料をつくるためです。妊娠から出産までを無事終えるためには、少しでも多くの栄養を脂肪として溜め込むのです。

ただし、必要以上の脂肪の増加は体の不調や出産後の体型を元に戻しにくくなるので注意が必要です。

他にも一度出来てしまうと消すことが難しい妊娠線はお腹が大きくなって急激に皮膚が伸ばされることで起こります。

妊娠線を防ぐには筋肉を柔らかくして皮膚と筋肉の柔軟性を高めることです。

出産をスムーズに行うためには骨盤と骨盤まわりの靭帯や筋肉を柔らかくしておくことが大切です。


◆安産になるための必要な条件は◆

子宮を高い位置に保つことです。膣と子宮との角度は「くの字」になっている為、妊娠中に骨盤が開いてきてしまうと子宮が下がり、この角度が変わり、子宮が前屈や後屈をしてしまいスムーズな出産が出来なくなるのです。

お腹が大きくなり子宮が下がると難産になる


安産出産のための条件・・・

それは、

子宮を高い位置に保つこと!

仙腸関節と股関節の柔軟性をつける!

内転筋と恥骨の柔軟性をつける!

排便のリズムを整えておく!

がとても重要になります!


今までひっそりと整体・カイロコースで行っていた「妊婦さん整体」
実は、今までは妊娠する前から、こちらに通っていた方にしか提供していませんでした。
 ここ毎年、マタニティの方の相談やママ友さんたちからのご紹介などを受け
「ただマタニティ整体をやるなら、現状回復だけじゃ困る。さらに、しっかり安産で生まれて来てくれないと困るっ!!
っと、
思いが強くなり今回、
整体・カイロプラクティック  for maternity から切り離し、安産で生まれてくるための願いも込めてパワーアップして特化コースへ

山形では数少ないマタニティ整体が受けれるリフレックス。

マタニティ・安産整体 

(全身ほぐし、調整、体操(エクササイズ)など)

50分 4000円



マタニティ限定のお得な回数券を検討中。